個人宅を狙った訪問販売。以前はポストにマーキングをして他の訪問販売業者に情報を教えている業者も多いと聞きました。
全ての訪問販売が悪いとは言えませんが、地元の会社と比較すると訪問販売のクレームが多いのも事実です。
特に外壁塗装を含むリフォーム系の相談や問い合わせは現在も消費者センターの相談件数でも上位に入ります。
では、何故訪問販売の会社に悪徳業者が多いのかと言うと、一般的に『外壁塗装工事ほど手抜きをしやすい工事はない』と言われており、短期で工事を完了すれば交通費や人件費が削減できます。
特に訪問販売会社の中にはコールセンターを設けてアポイントを取る会社も多いです。
コールセンターの電話代やお給料(他のアルバイトと比較しても時給が高いです。)がかなり掛かりますし、営業マンや職人も地域を変えて飛び回っていますので短期集中を行うためにどうしても作業も雑になりやすいです。
特に営業マンはインセンティブが掛かっていますので、あれもこれもと言って追加していき、気が付けば高額で契約が完了となっています。
地元で外壁塗装をしている会社があれば、まずはそちらで相談されるのが良いですし、地元でなくても同県内なら見つかると思います。
また、知り合いで工務店や建築関係の仕事をされている方がいれば紹介いてもらうのも一つの方法です。
一度塗ったら塗料の種類にもよりますが、10年前後は効果を持続させ気持ちよく過ごしたいですよね。

外壁塗装について、こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください
⇒ 外壁塗装 悪徳業者

関連記事