正しいスイングをしていく上でエラーになるイメージ、
まずはボールを無理に上げようとすること、
そして次にスイングは腕を振ることでクラブを振っていると勘違いして
腕を振ってしまって結果クラブがうまくボールに当たらなくなる、
このふたつを紹介しました。
そしてそれ以上にもうひとつ大きなエラーになる条件があるんです。
上手なゴルファーの方がこう言っていることを聞いたことがありませんか?
クラブはね上げて下すだけでいいんだよ。
この実は上げて下すだけと言う言葉、これが多くの誤解を生んでしまっているんです。
どういうことか。
まず構えます。
そのアドバイス通り上げていきます。
そしてダウンスイングでクラブを下していくわけなんですが、
そのときに多くの上級者の方は
下半身をリードさせて打つとうまく打てるというふうに感じています。
ですから上げたクラブを下半身リードで戻していきますね。
グッと踏み込んで戻していくんですが、
何が起こるかクラブはまったく降りてこないんです。
なぜか?
手で上げているから。
手で上げてしまうと今度は手で下さない限りクラブは下りてきません。
結果地面にぶつかるようにクラブも降りてきますから、
ボールに対してつまってしまいます。
つまりますから当然ここで肘を抜いたり腰を引いたり伸び上がったりして
クラブをなんとかボールに当てて抜こうとしていきます。
ですが、肘を抜いたり、腰を引いたりこういった形で
クラブを抜いてしまうと必ずクラブは急激にインサイドに引っ張られていきます。
ですから球は真っ直ぐに飛ばずにスライス回転ばかりかかってしまう結果になるんです。

おすすめサイト⇒フル スイング
フルスイングを中心に勉強していきましょう。

関連記事


    オンラインゲームの魅力はなんといってもオンラインであること。 当然のように感じるかもしれませんがこれは非常にすごい技術なのです。 世界中の人間のプレイ状況を瞬時に反映させて世界中のパソコンやテレビの…